岩手県森林組合連合会からのお知らせ

県森連主催の「県産材住宅完成見学会」紫波町にて開催

12月20日、21日の両日、紫波町にて「県産材住宅完成見学会」を開催、年末のお忙しい時期にもかかわらず、総勢で四十数名のお客様が来場くださりました。この場をお借りし御礼申し上げます。

盛岡市の「木とくらしの相談所」前から、4回に分けて参加された方々をバスでシャトル移動して行われたこの見学会。構造材の8割は地元・紫波町産であり、外回りの軒下などに建て替え前の古い小屋の解体材を利用するなど、「県産材住宅」らしい木の見どころにあふれた住宅です。木の説明を担当した本会の平野調査役は、「リビングの大黒柱であるスギ材は、窓から見える山の下から伐採してきたもので、現しの梁は、ご主人が卒業した岩手大学の農場産のカラマツである。『県産材住宅』という概念が普及されてきた今日であるからこそ、『森林組合』の看板を掲げるわれわれは、木の出所や『いわれ』に、さらにこだわっていきたい。

内装材には広葉樹がふんだんに使われているが、その中に『エンジュ』『クワ』『ホオ』の3樹種がある。つなげて口にすると『家中家宝』(いえじゅうかほう)となり、縁起の良い木の組み合わせであると昔から言われている。木にまつわるこのような言い伝えも、誰かがつないでいけば後世に残るものとなり、今後も意識していきたい」と説明しました。


県森連主催の「県産材住宅完成見学会」が、紫波町にて開催(1)

県森連主催の「県産材住宅完成見学会」が、紫波町にて開催(2)

室内を一通り見学した後はフリートーキングに移行したのですが、4回とも所定の時間を過ぎても、なかなかお話しが止むことはなく、来場された方々の関心の高さを伺うことができました。




カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

リンク

ブログ内検索.

その他

携帯サイト

qrcode